ままぽっぽ

主婦の毎日を、お金と仕事と健康の『知恵』で豊かにするWEBマガジン

美容

ほうれい線は老化の始まり!?まだ遅くない!30代からの予防と対策

ほうれい線

ある日鏡を見てみると、今まではさほど気にならなかったほうれい線がくっきりと目立つ・・・ショックですよね。

ほうれい線は鼻と頬の境界線なので厳密にいえばシワでは無いのですが、目立つと老けこんだ印象の顔になってしまいます。

年齢を重ねるとほうれい線が目につくのは仕方のない事ですが、いつまでも生き生きと若々しくありたいのが女心。できるだけ早めのケアで明るい表情を保てるようにしましょう。

ほうれい線の原因は?

ほうれい線の原因は主に「表情ジワ」「肌のたるみ」によるものです。

表情ジワとは、表情を作る時に顔の筋肉を動かすたび、繰り返し刻まれるシワがクセになってしまった状態。

肌のたるみは、加齢や過度なダイエットなどで、肌の内部のコラーゲンが損なわれて弾力が失われてしまった状態です。

広告

ほうれい線を目立たなくするにはどうすればいい?

では、どうすればほうれい線を目立たなくすることができるのでしょうか。3つ対策をご紹介します。

乾燥は大敵!しっかりと保湿ケア

保湿用フェイシャルマスク

ほうれい線の部分にたっぷりの化粧水で水分を補給し、潤いを与えましょう。化粧水をつけた後、乾燥を防ぐためにクリームや乳液でフタをすることも大切です。

顔全体をおおうシートパックも良いでしょう。薄いシワは、こうした保湿ケアをきちんとすればなくなります。

肌のたるみを改善する化粧品を使う

ビタミンC誘導体

肌の弾力はコラーゲンによって保たれています。そのため使用する化粧品は、コラーゲンを生成する効果のある、「ビタミンC誘導体」「レチノール」が配合されたものが効果的です。

ビタミンC誘導体は抗酸化作用により肌の老化を防ぎ、弾力やハリを取り戻します。

レチノールはコラーゲンを生成する力を強め、シワ対策に非常に効果があります。

これらの成分を配合した化粧水やクリームを日々使うことにより、肌の若々しさを保つことが期待できます。

表情筋のトレーニング

鏡に向かって口角をしっかり上げ、笑顔を作るトレーニングをしましょう。

肌のたるみは、表情筋の衰えによる場合もあります。いつも無表情でいると、頬の筋肉もおとろえてゆるんで来ます。

上あご、ほほの内側、下あご、反対側のほほの内側、と舌を押し付けるようにしながらグルグル回します。

顔のむくみもスッキリ解消され、肌の血行が良くなってハリがよみがえります。口を閉じて舌を動かす体操は、顔の血流をうながして老化防止になります。

ほうれい線に効く表情筋トレーニングのわかりやすい動画もご紹介します。ご参考に。


表情が人を変える!悩みすぎないように

表情の豊かさ、明るさはすべての人に好印象を与えます。

できてしまったほうれい線やシワを気にし過ぎて、能面みたいな顔をして生きるのは本末転倒です。そうなるとほうれい線どころか、頬がブルドッグみたいにたれさがってしまいます・・・おそろしいですね。

より魅力的に年齢を重ねていくためにも、健やかな生活習慣としなやかな心を持って毎日を送ることが大切ですね。

-美容

広告